収納ベッド ベッド下

収納ベッド徹底解剖

収納ベッドの種類について

「収納ベッド」には主に3種類のタイプがあり、ベッド自体を利用していない時間帯に壁の側面や天井に収納してしまうタイプ、ベッド自体に収納が備わっているタイプ、床とベッドの間に空間を作り、その空間を収納スペースとして活用するタイプの3種類になります。
ベッド自体に引き出しが備え付けられている収納ベッドの中でも収納できる容量はそれぞれ異なり、「引き出し収納タイプ」と呼ばれる、一段だけ横一列に引き出しが備わっているものや、「大容量収納タイプ」と呼ばれる、引き出しが多段になっていてより多くのものを収納できるもの、引き出しは付いておらず、ベッドと床の間に収納が可能な「ベッド下収納タイプ」があります。
狭いスペースを有効に活用することができるため、収納ベッドは非常に注目されている商品です。
近年はアパートやマンションなど、家を借りて限られたスペースに住まう方が増えています。
手狭な空間を上手に使って広さを確保しましょうね。

収納付ベッド

収納

このサイトでは、ベッド自体が壁などに収納されるという意味での「壁面収納ベッド」ではなく、収納が付いた「収納付ベッド」を主にご紹介していきます。その中でも特におすすめなのはガス圧式リフトアップ収納ベッド。お値段はちょっと高めですが、大容量の収納が可能なベッドということで人気もあります。日本の住宅はスペースに非常に限りがあり余すから、ベッド下の空間は収納という意味でも貴重なスペースとなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ